MLB東奔西走BACK NUMBER

マイナーリーグは本当に過酷なのか?
大谷翔平がもし渡米していたら……。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/12/23 08:01

マイナーリーグは本当に過酷なのか?大谷翔平がもし渡米していたら……。<Number Web> photograph by Getty Images

2008年に新日本石油ENEOSからNPBを経ずに、レッドソックスと直接メジャー契約をした田澤純一。メジャー入りに際しては“田澤問題”として騒がれ、これを受け「NPBを経由しない、海外球団からの出戻り」への対抗措置が講じられた。

真の論点は日本球界の“メジャーの下部組織化”だ。

 マスメディアだけでなく野球関係者も「日本のプロ野球で成長してからメジャーに挑戦するべきだ」との意見が大半を占める中、私がチェックした限りただ1人須藤豊氏だけが反対論(夕刊フジ、12月8日付)を展開していたように思う。

「外国でプロ生活をスタートするリスクはある。しかし実は、日本でやっても活躍できる保証はないわけで、それほど変わりはない。高いレベルに挑戦しようという心意気だけが、成功への道を開くのだと思う。

 むしろ、将来日本に帰ってくる場合に温かく迎え入れてやれる態勢を整え、背中を押してやることこそ、大人のやるべきことではなかったか。(中略)『日本のプロをへてメジャーへ』という発想こそ、“メジャーリーグの下部組織化”につながるのであって、高校生が直接アメリカに乗り込むこと=日本球界危機ではないと思う」

 実は須藤氏に限らず、自分の回りの野球関係者(現役メジャー選手も含め)の中には1日も早くメジャーでやるべきだという声が少なくなかった。これまでNPBで実績ある多くの日本人選手たちがメジャーに挑戦してきたが、すべての選手がメジャーへの困難な適応を余儀なくされてきたからである。

 大谷の決断を尊重する気持ちに嘘偽りはないが、才能溢れる高校生が直接メジャーの世界に飛び込み、どのように順応、成長していくかをこの目で直接見たかったという無念さは消えてはいないのだが……。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大谷翔平
西嶋一記
村田透

MLBの前後の記事

ページトップ