Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<女子バレー銅メダル獲得秘話> 眞鍋政義 「中国と戦う夢を見た」~木村、大友、竹下を導いた自然体のリーダーシップ~ 

text by

吉井妙子

吉井妙子Taeko Yoshii

PROFILE

photograph byMutsumi Tabuchi

posted2012/12/17 06:01

<女子バレー銅メダル獲得秘話> 眞鍋政義 「中国と戦う夢を見た」~木村、大友、竹下を導いた自然体のリーダーシップ~<Number Web> photograph by Mutsumi Tabuchi
28年ぶりの快挙の要因は、選手たちの意識改革。
それを推し進めたのは、現実味がないようでいて、
実は確固たる信念に基づいた監督の言動だった。

 ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得した女子バレー。眞鍋政義率いる全日本の3年半の取り組みが具現化したのは、準々決勝の中国戦だった。この準々決勝が厚い壁として立ちはだかり、日本は長い間メダルに辿りつけないでいた。中国には五輪で勝ったことがなかった。だが眞鍋ジャパンは得意のデータ分析で中国の弱点を洗い出し、息詰まる戦いの末、開かずの扉をこじ開けた。オドオドする中国に対し、日本はあくまで堂々とした姿勢を崩さない。これまでの両国の対戦を反転させたような闘いぶりである。

 それには理由があった。五輪が始まる前から、準々決勝は中国と想定し、中国対策を万全にしてきたからである。しかしなぜ、五輪が始まる前に、しかもAグループとBグループの2位と3位が抽選で決まる対戦国を中国と想定したのか。木村沙織が笑いながら言う。

「眞鍋さんが、中国が夢に出てきたから間違いない、と訳が分からないことを言うんです」

「夢に出てきた」では、あまりにも説得力がない。それこそ、夢物語のような話を選手が信じるのか。大友愛は平然と言う。

「だって、眞鍋さんの言うことはこれまでだってその通りになっていますから、私は疑問すら抱きませんでした」

 10年以上全日本のユニフォームを纏い、何人もの代表監督の下でプレイしてきた竹下佳江も、苦笑いする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6748文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心が震える99の言葉。~Words of Athlete 2012~
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ