REVERSE ANGLEBACK NUMBER

それでもJ1にはガンバが必要だ!
最終戦で気づいた“ゆるい”魅力。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/12/05 10:30

それでもJ1にはガンバが必要だ!最終戦で気づいた“ゆるい”魅力。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

現代表の中心選手である遠藤、今野、さらにキャプテンには元代表の明神がプレーと豪華メンバーが揃うガンバ。だが、最後まで攻守のバランスを取ることはできなかった。

J1にはハラハラさせてくれるガンバのサッカーが必要だ。

 見ていて「酒はぬるめの燗がいい」とかいう古い演歌を思い出した。

 このゆるさがどこから来ているのかわからない。システムの問題や指導者の問題もあるだろう。だが、リーグ有数の攻撃力の一方で、このゆるい守備というバランスの悪さは、チームを応援していない立場からすると見ていて楽しい。

 手堅い試合、正確なプレーは感心はするが、いつも心を躍らせてはくれない。ガンバはハラハラさせられ、失望も多いが、その分、勝ったときの喜びも大きいと想像できるチームである。

 リーグ最多得点に示されているように、チームとしてのポテンシャルは高い。おそらく今度の降格を薬に来年は戻ってくれるだろう。J1にいて欲しいチームには違いない。大丈夫、J2に前田はいないしね。

関連記事

BACK 1 2 3
ガンバ大阪
ジュビロ磐田

Jリーグの前後の記事

ページトップ