SCORE CARDBACK NUMBER

超大型新人・井上尚弥が
自室に貼った「戒めの言葉」。
~プロ転向初戦、鮮烈なKO劇~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2012/11/04 08:00

超大型新人・井上尚弥が自室に貼った「戒めの言葉」。~プロ転向初戦、鮮烈なKO劇~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

異例の8回戦デビューを飾った井上。強烈な一撃を浴びたオマヤオはしばらく立てなかった。

 19歳の超大型ルーキーが鳴り物入りでプロに転向した。10月2日、超満員の後楽園ホールで井上尚弥はフィリピンの現役王者オマヤオを4回の左ボディーアッパー一撃でKOした。逸材と言われた選手のプロ転向も珍しくないが、近年これほど注目された例は記憶にない。

 怪物とも称される井上について、メディアは「天才」と書きたてるが、小学1年生から指導してきた父・真吾さんは「そうではない」と言う。息子とともにトレーナーとして大橋ジム入りした父は根っからのボクシングマニア。選手としては2戦のアマ歴しかないが、緻密で質の高いボクシングを息子に身につけさせたのには驚かされる。海外のビッグマッチをビデオに収め、トップ選手の長所を吸収させてきた。その成果なのか、デビュー戦で井上はノニト・ドネアを真似た左フックをさりげなく出していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

井上尚弥
オマヤオ
村田諒太

ボクシングの前後のコラム

ページトップ