SCORE CARDBACK NUMBER

谷亮子の参院選出馬で、
“決断”を迫られる全柔連。
~「当選しても現役続行」の波紋~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/06/20 08:00

谷亮子の参院選出馬で、“決断”を迫られる全柔連。~「当選しても現役続行」の波紋~<Number Web> photograph by KYODO

6月5日、谷はJR千葉駅前で女性スポーツ選手の出産や現役復帰への環境整備などを語った。

 参議院議員選挙が近づいた。例によってと言うべきか、スポーツ界からも名乗りをあげる人が相次いだが、もっとも注目を集めるのが柔道の谷亮子である。谷は北京五輪で銅メダルを獲得したあと、出産と育児のため競技を休養していたが、今年5月、記者会見を開き立候補を表明。突然の発表もさることながら、人々を驚かせたのは、当選した場合も「現役生活を続行し、ロンドン五輪の金メダルを目指す」と語ったことだった。

 それに対し、批判的な論調が相次いだ。

「政治を軽く見ている」

「そんなに金メダルは甘くない。他の選手にも失礼だ」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

谷亮子

格闘技の前後のコラム

ページトップ