SCORE CARDBACK NUMBER

タブーにも切り込んだ、
SRCの格闘技改革。
~国際化、報酬公開、マッチメーク~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2010/06/14 06:00

タブーにも切り込んだ、SRCの格闘技改革。~国際化、報酬公開、マッチメーク~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

金原は昨年大晦日に山本“KID”徳郁に勝利。『SRC12』は怪我で休み6月が復帰戦。

 昨年まで『戦極』の名称で活動していた『SRC』の動きが活発だ。まず各クラスの体重設定の変更に着手して、階級分けをUFCとほぼ同じにした。国際規格に合わせることで、選手は日本とアメリカの間をスムーズに行き来できるようになった。

 また、7月4日には東京で『SRCバンタム級ASIAトーナメント2010』1回戦を開催する。出場資格は各団体のランカーであることなどが条件。すでに何名か他団体で活躍中の選手からエントリーがあったと聞く。

 優勝賞金は300万円。画期的なのは1回戦のファイトマネーを「一律10万円」と発表したことだ。これまで日本の格闘技界では選手が受け取る報酬を公表することはタブーとされてきた。莫大な額を貰っているのはほんの一握りであることが、その理由と思われる。それだけに今回の公開にはインパクトがあった。このままSRCが公開制に踏み切れば、他のプロ競技とも比較されるので選手の待遇は良くなる可能性が高い。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

金原正徳
マルロン・サンドロ

格闘技の前後のコラム

ページトップ