SCORE CARDBACK NUMBER

“世紀の誤審”を拍手に変えた
ガララーガの言葉。
~MLB発“世紀の美談”の顛末~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/06/17 06:00

“世紀の誤審”を拍手に変えたガララーガの言葉。~MLB発“世紀の美談”の顛末~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

完全試合は逃したが自身初となる完封勝利をあげ、ア・リーグの週間MVPに選出された。

 全米中が、声を失った。6月2日。タイガースのアルマンド・ガララーガ投手は、インディアンス相手に9回2死までパーフェクト投球を続けていた。観客が総立ちの中、27人目の打者を一塁ゴロに打ち取り、ベースカバーに入ったガララーガは、確かに走者より先にベースを踏んだ。ところが、一塁塁審のジム・ジョイス氏は両手を広げ、「セーフ」をコール。その瞬間、史上21回目、今季3人目となるはずだった偉業が、歴史の中から消えた。

 近年、大記録が達成されそうになると、米国の野球中継は臨時映像に切り替わる。球場によっては、巨大スクリーンで映し出す場合もある。この日も、そうだった。「世紀の誤審」は、一瞬にして、動かしがたい事実として全米に伝わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、歓喜の咆哮。What a Miracle!

Sports Graphic Number 2010/6/25臨時増刊

日本代表、歓喜の咆哮。
What a Miracle!

 

関連記事

アルマンド・ガララーガ
デトロイト・タイガース

MLBの前後の記事

ページトップ