野ボール横丁BACK NUMBER

“グラウンドの孔明”西武・佐藤友亮。
34歳で現役引退し、次の天職へ――。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/10/05 12:25

“グラウンドの孔明”西武・佐藤友亮。34歳で現役引退し、次の天職へ――。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

シーズン打率で3割を超えていた2008年には、その勝負強さをプレーオフでも見事に発揮し、チームの日本一に貢献した。名前の「友亮」の漢字から、“グラウンドの諸葛亮孔明”と呼ばれた。

「人生は野球がすべてではない」という慶大野球部。

 それだけに西武からドラフト4位で指名を受けたときも悩んだ。

「行きたいなあ……という気持ちもあったし、将来がなあ……という気持ちもあった」

 もともと慶応大野球部には、人生は野球がすべてではない、という気風がある。

 かつて、ドラフト1位候補だった左腕の志村亮(1989年卒)も、プロからの熱烈な誘いを蹴って、三井不動産に就職している。佐藤は社会人野球で続けるつもりだったが、志村は就職と同時に本格的な野球とは一線を引いている。

 最終的に、揺れる佐藤の背中を押したのは両親だった。

「他にやりたいことがあるのなら、野球が終わってからでもいいだろう、と。今しかできないことをやったら、と言われたので」

 そして、これまでの自分との決別を誓った。

「今でも野球だけの人間になりたくないという思いはある。でも、プロの世界はそんなに甘くないので、徐々に変えていかないと、と思っている」

佐藤はまだ34歳……野球以外にできることはたくさんある。

 佐藤は、プロに入って変われたのだろうか。

 入団1年目から一軍には定着したものの、レギュラーと呼べるシーズンを送ったのは'04年だけで、それ以外は常に控えだった。通算成績は、12年間で732試合に出場し打率.255である。

 ベンチを温める姿を見るたびに、佐藤は今、プロ野球選手になったことについてどう考えているのだろうと、考えずにはいられなかった。あるいは自分の選択を後悔したこともあったのだろうか。

 10年できれば一流と言われる世界ではある。しかし、佐藤には他にも可能性を秘めた道があったのだ。その佐藤が「野球は天職だった」と言うには、12年の現役生活では、少し足りないのではないか。

 いずれにせよ、佐藤の天職は、まだ他にある気がしてならない。

 佐藤は、まだ34歳だ。プロ野球選手になっていなかったらやりたかったこと。それをするための時間は、十分に残されている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐藤友亮
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ