F1ピットストップBACK NUMBER

「予選でトップ3を真剣に狙う!」
可夢偉、鈴鹿で3度目の正直なるか? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byLAT/AFLO

posted2012/10/04 10:30

「予選でトップ3を真剣に狙う!」可夢偉、鈴鹿で3度目の正直なるか?<Number Web> photograph by LAT/AFLO

「日本グランプリに合わせてC31(ザウバーの現行マシン)へ新しい部品が搭載されます。みなさんの前で良い結果を出せる自信もあります」と語っている小林可夢偉。

「鈴鹿では予選でトップ3を真剣に狙います」

 もちろん、可夢偉が鈴鹿で優勝するには、その前に多くのライバルたちが立ちはだかるだろう。

 第11戦ハンガリーGPから4戦連続ポールポジション獲得中のマクラーレンは、鈴鹿でもポールポジションを狙ってくるはず。レッドブルには'09年と'10年に日本GPを連覇し、鈴鹿に滅法強いセバスチャン・ベッテルがいる。フェラーリもテクニカルコースよりは、鈴鹿のような中高速型のコースと相性がいいし、'05年に伝説の16台抜きを演じて大逆転優勝したキミ・ライコネン擁するロータスも不気味な存在だ。

 それでも、可夢偉は言う。

「鈴鹿では予選でトップ3を真剣に狙います」

 イギリス、ベルギーと相性がいいはずのコースで結果を残せなかった可夢偉。3度目の日本GPは、今シーズン3度目の正直のグランプリとなるか。

関連記事

BACK 1 2 3
小林可夢偉
BMWザウバー
レッドブル
マクラーレン
セバスチャン・ベッテル
フェラーリ
キミ・ライコネン
ロータスF1チーム
セルジオ・ペレス

F1の前後の記事

ページトップ