オリンピックへの道BACK NUMBER

高校生の“怪物”が北島を超えた!?
平泳ぎ・山口観弘の異常な「探究心」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byHiroyuki Nakamura

posted2012/09/24 10:30

高校生の“怪物”が北島を超えた!?平泳ぎ・山口観弘の異常な「探究心」。<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

記録が出にくいとされる屋外プールでのレースだったことに加え、2着の選手と5秒以上離れるという、ライバル不在の中での記録樹立は異例だ。

「規格外」の「化け物」は憧れのヒーローを目指す。

 環境を言い訳にせず、その中で工夫を凝らし、練習を無駄にしなかった。

 悔しさをばねにした。それらの要因があいまって、「化け物かと思う」(大脇氏)、「規格外」(平井氏)と形容される今日がある。

「アスリートであるかぎりは頂点を目指さないと楽しくないです」

 と言う山口は、こんな言葉も口にする。

「水泳に対して素直で、どれだけ速く強くなれるか追求していて、自分もそうですが、小さい子に夢を与えていることも尊敬しています。北島康介さんは、これからもずっと僕の中ではヒーローです」

 憧れのヒーローを追いかけて、そして今度は自分が誰かのヒーローになれるように。

 来春、東洋大学に進学し、平井コーチに本格的に指導を受ける予定の山口は、4年後のリオデジャネイロ五輪での頂点を視野に入れつつ、歩んでいこうとしている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山口観弘
平井伯昌
北島康介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ