野球クロスロードBACK NUMBER

全力プレーを貫き通して21年――。
金本知憲が球界に残した「当たり前」。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/09/18 12:50

全力プレーを貫き通して21年――。金本知憲が球界に残した「当たり前」。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

9月12日に今季限りでの引退を表明した金本知憲。「限界かなという思いもある」と会見で語った鉄人だが、16日に行われた巨人戦でプロ野球歴代単独10位となる通算475号本塁打を放ち、最後の伝統の一戦で存在感を見せつけた。

1002打席連続無併殺のプロ野球記録を誇りに。

 そしてもうひとつ、彼の「当たり前」のプレーの代名詞と言えたのが一塁への全力疾走だ。

 ゲーム展開に関係なく、併殺となりそうな打球は全力で一塁を駆け抜ける。それを実行し続けた金本は、若手に対してこう口酸っぱく言い続けていたという。

「打った瞬間、『ああ、ゲッツーや……』と思っても一塁まで全力で走れ。お前が残って、次のバッターに長打が出れば1点が入る。その後もヒットが続けば、負けゲームだって勝ちゲームになるんやぞ」

 引退会見で「連続フルイニングより誇りに思う」と語った1002打席連続無併殺のプロ野球記録は、全力で走り続けた金本を象徴する勲章となった。

 勝利へのこだわりは、「試合に出続ける」という野球選手にとって当たり前の意識を、自然と金本に植え付けた。

「『怪我じゃない』と自分に言い聞かせればできないこともない」

 阪神に移籍してからの金本は、常に怪我と戦い続けたと言っていい。

 '03年は足首を捻挫しテーピングを巻きながらプレーした。翌'04年は左手首に死球を受け、当初は「打撲」と言い続けながらも後に骨折と発覚。それでも、右手1本でバットを振り続けた。'06年には腰を痛め、さらには5月の試合で右手薬指を脱臼した。

 金本は、昔を懐かしむようにこう語っていたものだ。

「薬指は2000年にも骨折しているんですよ、第一関節ね。それで'06年は第二関節。もう、指が真っ直ぐに伸びないですもん」

 '07年のオフには左ひざを手術したものの、'08年は開幕からスタメンに名を連ね、この年も全試合フルイニング出場と、奇跡的な回復を見せた。

「プレーできる範疇ですからね。『怪我じゃない』と自分に言い聞かせればできないこともないですから。さすがに膝をやったときは関節の内部なんで、ちょっと気分的に滅入ってしまった時期もありましたけど、それでも奇跡的に回復してくれたんで。もう、運ですよね、自分は運がいいんだと思います」

【次ページ】 自ら直訴し、連続フルイニング出場記録をストップ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金本知憲
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ