野球善哉BACK NUMBER

まだまだ続く豊作の“斎藤世代”。
巨人の秘密兵器、小山雄輝の反骨心。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/09/12 12:30

まだまだ続く豊作の“斎藤世代”。巨人の秘密兵器、小山雄輝の反骨心。<Number Web> photograph by Kyodo News

「(澤村に)追いつきライバルになれたらとは思う。2人でチームの勝ち星を増やしたい」とシーズン前に語っていた小山。2勝目を挙げた小山に原監督は「今休んでいる澤村と互角に競い合える」とコメントしている。

斎藤、福井、澤村らの後を追う、次のスター候補として。

 高卒組の田中将大、前田健太、坂本勇人が早々にプロ野球界で花を咲かせ、関東の有名大学出身である斎藤、福井優也、澤村らが後を追う。その後に、次のスター選手候補として地方大学出身の選手たちが追いかけてくるはずだ……彼らの真の実力を知る身としては、そう願う他なかった。

 初勝利を挙げた後、小山はこう話している。

「プロに入った以上、地方大学出身とか下位指名とかは関係ないと思っています。マウンドに上がっての勝負だと思っていますから。そこでどんなピッチングをするか。ただ、今シーズン、大野君がチャンスをつかんでローテーションに入っていたんで、それは羨ましかったですね。自分もああなりたいという気持ちはありました」

「防御率(1.74)にこだわってやってきた上で一軍に呼んでもらえた」

 小山は昨シーズンから度々、チャンスをもらってきた。

 4月にいきなり先発デビューを果たしたが、4回2失点だった。

 また二度目の登板では4回2/3、三度目も勝利投手の権利を目前にした4回1/3でマウンドを降りている。これまでも、初勝利を挙げておかしくない内容を残してきてはいたのだ。

 だが、小山は昨シーズンと今シーズンでは、内容が全く違うものだという。

「去年チャンスをもらっていたのは、澤村と同期で同じ大卒で、どんなピッチャーなんだろう? という意味合いで起用してもらっていたのだと思います。特に、実力が評価されていたわけではなかった。でも今年は、ファームでしっかりローテーションで回してもらいましたし、その中で結果も出て、防御率(1.74)にこだわってやってきた上で一軍に呼んでもらえた。内容があったと思います」

 ルーキーイヤー、モノ珍しさの一軍昇格とは違う、実力での昇格だということだ。小山は自身の中で大きな変化を感じていたのだ。さらに、続ける。

「一番変わったのは……技術的なこともありましたけど、去年はただ投げていただけでしたから。キャッチャーのサインを見て、その通りに全力で投げる。サインの意図とか、何も分からずに投げていました。今年は、考えて投げられるようになりましたし、余裕が出てきたんです。昨年、あとワンアウト取れればとか、もう少し投げさせてほしかったなというような場面で降板させられましたけど、いま振り返ると、交代させられて当然だなと思えるんです。中身がありませんでしたから」

【次ページ】 ローテーションをつかむまで、まだ厳しい戦いは続く。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小山雄輝
読売ジャイアンツ
澤村拓一
中村良二
斎藤佑樹
大野雄大
塩見貴洋
秋山翔吾
田中将大
前田健太
福井優也
坂本勇人
山崎慎太郎
大石達也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ