SCORE CARDBACK NUMBER

ロンドンの“非日常”から、
東京招致の条件を考える。
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by Ryosuke Menju/JMPA

posted2012/08/20 06:00

ロンドンの“非日常”から、東京招致の条件を考える。<Number Web> photograph by  Ryosuke Menju/JMPA

約50kmの道路が専用レーンに。一部は渋滞への配慮から開催期間中に一般に開放された。

 今日は8月9日。ロンドン五輪はフィナーレ間近だ。

 各会場は、一部空席もあったが、おおむね大勢の観客が集まり、盛り上がりを見せた。一方で街の様子は、と見れば、総体的には淡々とした情景が続いた。あくまで主観だが、最後まで街の温度が上がらないように感じられたのだ。

 多数の観光客でにぎわいを見せたアテネ、初のオリンピックに高揚した北京、あまりの騒ぎっぷりに酒類販売禁止令も出たバンクーバーの街中の盛り上がりとは異なる。開幕前の調査会社の報告では、オリンピックに関心があるイギリス人は50%以下と、調査した国の中では低いとあったが、それを裏付けているようでもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ロンドン五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ