SCORE CARDBACK NUMBER

ランク3位のストーナーが
“強さ”を感じさせるわけ。
~モトGP引退表明後も存在感~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/08/18 08:00

ランク3位のストーナーが“強さ”を感じさせるわけ。~モトGP引退表明後も存在感~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

引退を決意したからこそなのか、その表情は自然体でレースを楽しんでいるように見える。

 シーズンの折り返し点となる第10戦アメリカGPは、昨年のチャンピオンで今季限りの引退を表明しているC・ストーナーが3戦ぶりに優勝した。2位にJ・ロレンソ、3位にD・ペドロサで、チャンピオン争いを繰り広げる3強が今季5回目の表彰台独占を果たした。

 優勝回数はロレンソ5、ストーナー4、ペドロサ1。総合ポイントでは2年ぶりのタイトル奪還を目指すロレンソが首位で、23点差でペドロサ。ストーナーが32点差の3番手と続く。

 昨年は、ホンダのモトGPマシンのパフォーマンスを武器にストーナーがライバルを圧倒した。800ccから1000ccに排気量が引き上げられた今年も2連覇が期待されたが、シーズン開幕前にマシンの最低重量が引き上げられ、さらに、シーズン途中にブリヂストンのニュータイヤが投入されたことが影響して、思いのほか苦戦している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ケーシー・ストーナー
ホンダ
ホルヘ・ロレンソ
ダニ・ペドロサ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ