SCORE CARDBACK NUMBER

あの“名選手”はどうなる?
来季の殿堂入りで議論沸騰。
~クレメンスらの薬物疑惑、その後~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/08/15 06:00

あの“名選手”はどうなる?来季の殿堂入りで議論沸騰。~クレメンスらの薬物疑惑、その後~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

薬物使用について偽証罪に問われたクレメンスだが今年6月、連邦地裁で無罪が確定した。

 来年の表彰セレモニーは、一体、どんな雰囲気になるのだろうか。

 7月22日、ニューヨーク州のクーパーズタウンで恒例の野球殿堂入り表彰が行なわれた。今年の表彰者は、レッズひと筋で19年間プレーしたバリー・ラーキンと、カブスで活躍した故ロン・サントの2人。ラーキンは「信じられないこと。いろいろな人に支えられた」と感慨深げにスピーチし、サント夫人は涙を浮かべた。

 その一方で、米国球界では、早くも来季の殿堂入りについての論議が始まった。というのも、ステロイドなど薬物使用疑惑のあるバリー・ボンズ、ロジャー・クレメンス、サミー・ソーサらが、殿堂入り資格を満たすことで、世論が沸騰し始めたからだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

バリー・ラーキン
ロン・サント
バリー・ボンズ
ロジャー・クレメンス
サミー・ソーサ
ジョー・ジャクソン
ピート・ローズ

MLBの前後のコラム

ページトップ