SCORE CARDBACK NUMBER

推察力と責任感で劣勢覆し、
可夢偉が自己最高4位に。
~F1通算50戦目、成長見せた一戦~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/08/09 06:00

推察力と責任感で劣勢覆し、可夢偉が自己最高4位に。~F1通算50戦目、成長見せた一戦~<Number Web> photograph by AFLO

小林(手前)と同僚のペレスはそれぞれ12番、17番手スタートから4、6位まで登り詰めた。

 この「4位」は表彰台に匹敵するくらい価値がある――。

 第10戦ドイツGP決勝で50戦目を迎えた小林可夢偉は、昨年モナコGPと今年スペインGPに続く自己ベスト・タイの5位でゴール。約2時間後、2位S・ベッテルがJ・バトンをコース外で追い越したプレーに関して、レースタイムに20秒加算のペナルティーを科された。ベッテルから18.193秒遅れだった小林は、この裁定により正式結果4位とされ、くぎりの50戦目にして自己ベストを更新。また、レース中盤には最速ラップを複数周回でマークした。

 母国でメルセデス勢のM・シューマッハーが最速ラップ1位、N・ロズベルグが3位となったが、3回ストップでスプリント走行に徹したベストタイムだ。2回作戦の小林は、同じ作戦で勝利したF・アロンソの2位タイムにわずか0.117秒差の4位。レースペースの実力測定をすれば彼のザウバーはフェラーリに最も近い2位レベルにあったと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 513文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

小林可夢偉
BMWザウバー
セバスチャン・ベッテル
ジェンソン・バトン
ミハエル・シューマッハー
ニコ・ロズベルグ
フェルナンド・アロンソ

F1の前後のコラム

ページトップ