ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

関塚ジャパンはレアルになれるか?
スペイン対策十分で臨む初戦の勝機。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2012/07/26 11:40

関塚ジャパンはレアルになれるか?スペイン対策十分で臨む初戦の勝機。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

キャプテンに任命された吉田麻也は、スペイン戦を前に「持っているものを全部出したい。ここまで来たら楽しむだけ」と語った。

日本がスペインを倒しても何ら不思議ではない。

 一瞬も気が抜けない戦いということになれば、当然、集中力が途切れてくる時間もある。長い時間、守備をこなすであろう日本は、そのことが最も懸念される。

 権田修一は、その点についてこう語っていた。

「暑くて疲れてくると、そういうこともありえるかもしれないけど、ここは湿気もなく涼しいですからね。それに集中して守れている時は意外と冷静だし、それほど時間的な長さも感じないんですよ。逆に、ボールを回させてやっているぐらいの感でやればいい。とにかく、全体の守備を疎かにせず、時には前から守備に行き、相手のミスを誘って素早くゴールを狙う。どんな試合もそういうチャンスはゼロではない。その時まで、自分らがどれだけ我慢できるかでしょう」

 そう言う権田の表情に、微かな自信を垣間見ることができるのは、やはりメキシコ戦の勝利が大きい。

 ボールを長い間、支配され、我慢を強いられたが、最後にチャンスがやってきた。それを大津祐樹が豪快に決めた。そういう成功体験があるので、奇跡をただ待つのではなく、自信を持ってチャンスを待てる気持ちになっている。

 スペインは日本を研究し、コンディションも上げてきているだろう。だが、レアルがバルサを倒したように、CLでチェルシーがドログバのカウンターでバルサを倒したように、レアルの戦術が完璧にハマれば、日本がスペインを倒しても何ら不思議ではない。

関連記事

BACK 1 2 3
関塚隆
清武弘嗣
永井謙佑
宇佐美貴史
齋藤学
東慶悟
権田修一
レアル・マドリー
バルセロナ
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ