SCORE CARDBACK NUMBER

今季2勝目に一番乗り!
アロンソが見せた奇跡。
~浜島裕英が語るヨーロッパGP~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/06 06:01

今季2勝目に一番乗り!アロンソが見せた奇跡。~浜島裕英が語るヨーロッパGP~<Number Web> photograph by AFLO

2006年スペインGP以来6年ぶりに母国で勝利したアロンソは、国歌が流れると男泣きした。

 F・アロンソが母国バレンシアで開催された第8戦ヨーロッパGPで予選11位から今季2勝目をあげた。予選8位から勝利した第2戦マレーシアGP以上のレースで、2度目の奇跡を起こしたと言っていいだろう。

 地中海沿いのマリーナに設けられた高速ストリート・ロングコースはモナコGPなみにオーバーテイクが難しい。過去4年はPPウィン3回で、「後方スタートからの勝利はあり得ない」と言われる。では、なぜミラクルは起きたのか。

 予選10位までは使用済みタイヤでのスタート義務があるが、11位以下は自由に選択が可能だ。そこでアロンソは未使用のソフトを装着。今年のピレリは周回数を重ねるとグリップダウンが著しい。ニュータイヤで順位を上げ、序盤をより長く走れば、中盤以降のレース戦略に幅ができる。もう一つ、奇数列の11位はレコードライン上にあり、路面グリップが偶数列より望める。この相乗効果でアロンソは精確にダッシュし、1周目で8位、1回目ピットインまでに3位に進出した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

フェラーリ
フェルナンド・アロンソ
浜島裕英

F1の前後のコラム

ページトップ