SCORE CARDBACK NUMBER

幻のPP、リタイアと、
武運なきシューマッハー。
~逸話多きモナコの地で見せた走り~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2012/06/07 06:01

幻のPP、リタイアと、武運なきシューマッハー。~逸話多きモナコの地で見せた走り~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

スタート直後、グロジャンにぶつけられ8番手に後退し、63周で棄権したシューマッハー。

 M・シューマッハーが初めてポールポジションを獲得したのは'94年5月のモナコGPだ。A・セナ没後、25歳のシューマッハーはF1デビュー4年目にしてこのストリートサーキットを征服。2位M・ハッキネンを0.928秒も突き放す、まさに鬼神の走りを見せつけた。

 そこから'06年フランスGPまでに最多記録68PPを樹立。だが意外にもモナコでは'94、'96、'00年の3度とそう多くはない。'06年にはトップタイムを出しながらも他車の走行を妨げる行為にペナルティが科せられ、最後尾スタートとされた。

 復帰して3年目。今季は開幕戦から予選4位、3位、2位……と、メルセデスW03で鋭いタイムアタック・パフォーマンスが甦ってきていた。しかし決勝ではなぜかいつも彼のマシンにトラブルが多発し、上位入賞できない。新生メルセデス・チーム悲願の1勝目を果たしたのは、第3戦中国GPでのN・ロズベルグ。7冠王は脇役に回った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強投手進化論。1995-2012

Sports Graphic Number 804

最強投手進化論。1995-2012

 

関連記事

メルセデスAMG
ミハエル・シューマッハー

F1の前後の記事

ページトップ