SCORE CARDBACK NUMBER

貫いた「ジャパンウェイ」。
新生日本代表、圧勝発進。
~'15年ラグビーW杯に向けて~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2012/05/19 08:00

貫いた「ジャパンウェイ」。新生日本代表、圧勝発進。~'15年ラグビーW杯に向けて~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

代表デビュー戦で初トライを挙げた田村。昨季NECではルーキーながら主力として活躍。

 昼過ぎまで降り続いた雨は、キックオフの午後3時に合わせたように止んだ。雨上がりの透明な空気の向こう、雲の隙間から、雪を被った天山山脈の峰々が祝福するように顔を出す。

 4月28日。東西の文化と歴史と民族が折り重なった中央アジア、カザフスタンのアルマティで行なわれた日本代表の今季初戦(対カザフスタン)。日本からはるか5000km。合宿地の大阪から14時間かけて移動、中1日で、標高800mの薄い空気の中の試合……そんなタフな条件に挑むように、新生ジャパンはピッチを駆けた。

 キックオフから1分半、ジャパンは7次攻撃まで小刻みにボールを動かし続け、FLマイケル・リーチの突破から初キャップのCTB田村優が先制トライ。けたたましくチアスティックを打ち鳴らしていた敵地の観衆が沈黙する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

香川に続け。~日本サッカー新世代特集~

関連記事

伊藤鐘史
仙波智裕
佐々木隆通
小野晃征
田村優
廣瀬俊朗
エディー・ジョーンズ
リーチ マイケル

ラグビーの前後の記事

ページトップ