SCORE CARDBACK NUMBER

前主将・菊谷を復帰させた、
指揮官エディの真意。
~ラグビー日本代表スコッドを読む~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2012/06/09 08:00

前主将・菊谷を復帰させた、指揮官エディの真意。~ラグビー日本代表スコッドを読む~<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

2008年11月より代表主将を務めた菊谷。昨年のW杯はFLまたはNO8として全試合に出場。

「おぉ……」

 配られたメンバー表を見た報道陣から、どよめきが上がった。5月23日に開かれた、パシフィックネーションズ杯(PNC)の日本代表発表会見。代表リストには、昨年のW杯で主将を務めながら、今春の新体制始動時には外れていた、菊谷崇の名前があったのだ。

「アジア5カ国対抗での選手の取り組みぶりには満足している。しかし、我々は常に成長し続けなければならない。より強くなるためにこのスコッドを選んだ」

 エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、そう言うと菊谷の名を挙げた。

「菊谷は日本でトップクラスの才能を持つ選手の1人。これまでは第3列だったが、新しく左ロックに挑戦してもらう。世界のレベルでは、左ロックにはスピードとスキルが必要。菊谷とは先日名古屋で直接会ってそれを話し、彼自身から『挑戦したい』という言葉を聞いた」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2012~日本代表が語る究極観戦術~

関連記事

菊谷崇
廣瀬俊朗
大野均
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ