SCORE CARDBACK NUMBER

大人のマスコミ対応に見る、
盟主ヤンキースの真髄。
~極秘の選手研修プログラム~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/14 06:00

大人のマスコミ対応に見る、盟主ヤンキースの真髄。~極秘の選手研修プログラム~<Number Web> photograph by AFLO

ダルビッシュに対し2安打と気を吐いたジーターも、試合後は賞賛の声を惜しまなかった。

 完敗しても、うつむく選手はいなかった。4月24日。レンジャーズ・ダルビッシュに9回途中まで10三振を喫しても、ヤンキースの各選手は、日米報道陣の矢継ぎ早の問い掛けに堂々と応対した。シャワーを浴び終えた主将ジーターも潔く、ダルビッシュの投球を称えた。

「いい投球が必要な時に、いい投球ができるすばらしい投手だね」

 この日、4打数無安打とブレーキになったA・ロドリゲスがただ一人、報道陣の前に姿を見せることなく、クラブハウスを後にしたことが、試合後、取り沙汰された。それほどヤンキースの選手がマスコミに対応することは当然のこととして認識されてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ニューヨーク・ヤンキース
デレク・ジーター
黒田博樹

MLBの前後のコラム

ページトップ