SCORE CARDBACK NUMBER

混迷の度合いを深めて
突入する欧州ラウンド。
~今宮純のF1序盤戦総括~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2010/05/06 06:00

混迷の度合いを深めて突入する欧州ラウンド。~今宮純のF1序盤戦総括~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

メルセデスGPのピットクルー。チームとの連携の強化がシューマッハーの今後の課題だ

 4戦でフェラーリ、レッドブル、マクラーレンの3チームが次々に1-2フィニッシュを決めるという、近年まれに見る伯仲した展開だ。

 決勝前に春雨が落ちてきた第4戦中国GPは、ハーフウェットコンディションで進んだ。ドライかインターミディエイト(小雨用)かのタイヤ選択が非常に難しく、実にのべ67回ものピットインが行なわれた。コース上でも抜きつ抜かれつが繰り返されたが、予選5位のJ・バトンが序盤をドライで乗り切り、中盤と終盤をインターミディエイトでつなぐ作戦で逆転。2勝目を挙げてポイントリーダーに躍り出た。移籍1年目ながらチームとのコミュニケーションは円滑で、クールな判断力が光り、在籍4年目のL・ハミルトンにはやや焦りの色が見える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 599文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー総力特集名将バイブル2010

Sports Graphic Number 753

サッカー総力特集
名将バイブル2010

 

関連記事

フェラーリ
レッドブル
マクラーレン

F1の前後の記事

ページトップ