SCORE CARDBACK NUMBER

スカッシュ普及に向けて、
国立競技場にコートを!
~2020年五輪での正式採用は?~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/03/04 08:00

スカッシュ普及に向けて、国立競技場にコートを!~2020年五輪での正式採用は?~<Number Web> photograph by KYODO

スカッシュの第一人者・松井千夏らの署名活動は、2020年の五輪での新競技採用にも繋がる

 昨年の11月下旬から、「国立競技場にスカッシュコートを!」という標語とともに、日本スカッシュ協会が署名活動を行なっている。

 国立競技場は、2019年のラグビーワールドカップや開催都市に立候補している2020年のオリンピックへ向けて、大規模な改修が予定されている。その計画に、スカッシュコートの設置を盛り込んでもらおうと請願するものだ。

「ナショナルコートができれば、スカッシュの普及につながると思うんです」

 と言うのは、スカッシュの第一人者、松井千夏である。松井は全日本選手権を4度制すなど、トッププレイヤーとして活躍。幅広い活動で、認知度の向上にも大きく貢献してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Jリーグ20年記念>歴史を動かした20人。

関連記事

松井千夏
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ