青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

世界中のゴルフ界を韓国勢が席巻!?
石川遼と彼らにおける、危機感の差。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/03/01 10:30

世界中のゴルフ界を韓国勢が席巻!?石川遼と彼らにおける、危機感の差。<Number Web> photograph by Getty Images

アクセンチュア世界マッチプレー選手権に日本選手でただ一人出場した石川。1回戦では前週のノーザントラスト・オープンを制したビル・ハース(写真)に逆転勝利するも、2回戦でポール・ローリーに1ダウンで惜敗した

引き離されつつある実力差を石川はどう縮めていくか。

 日本ツアーの上位選手は米ツアーのQTを受けられる権利があるのだが、金庚泰の言葉を裏付けるかのように、近年はそのQTに挑戦する選手すらいなくなってきている。石川もそうだ。QTを経てではなく、あくまで軸足は日本に置き、限られた出場試合(非会員の選手は最大12試合)の中で賞金シードを得て米ツアーに行くことを目標にし続けている。

「そのやり方でシードが取れるくらいじゃないと米ツアーに行っても通用しないと思っている」とQT回避の理由を説明していたこともあるが、なんだか分かるようで分からない理由でもある。

 昨年の日韓対抗戦で敗れたときに、石川はこう言っていたはずだ。

「自分は常に崖っぷちにいるくらいの気持ちでやっていくしかない。他の人にカツを入れても意味はない。1人1人がいかに危機感をもってできるか。そうしないといつ日本ツアーが韓国ツアーに抜かれるかわからない。もう勝てなくなるかもという危機感をもってやらないといけないし、まず自分が強く持ちたいと思ってます」

 だが、韓国勢はそうした危機感などジュニア時代から当たり前のものとして植え付けられている。

 すでにスタートラインで出遅れている事実を受け止め、その差をどう埋めていくのか。そこに安易な正解はない。

関連記事

BACK 1 2 3
石川遼
ビル・ハース
ベ・サンムン

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ