SCORE CARDBACK NUMBER

ネルシーニョが唯一使う
日本語のインパクト。
~“キリカエ”が生んだ柏の快挙~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/12/27 06:00

ネルシーニョが唯一使う日本語のインパクト。~“キリカエ”が生んだ柏の快挙~<Number Web> photograph by AFLO

日本のクラブを率いるのは柏が3度目。代表監督内定後、就任直前で破談になった過去も

 ネルシーニョ・柏監督の試合後の記者会見を聞いていて、おやっ、と思ったのは、今季なかごろのことだっただろうか。ポルトガル語で話すブラジル人監督の言葉のなかに、「キリカエ」という日本語が聞き取れたのだ。

 はじめは、聞き違いかとも思った。だが、その後の会見でも「キリカエ」は何度も出てきた。念のため、通訳を務める公文栄次に尋ねてみると、やはり「最初に覚えて、日本語で言うようになった言葉です」とのことだった。

 練習中にも「キリカエ!」の声は飛ぶというから、会見用ではない。工藤壮人が「監督が重要視していて、選手に一番伝えたいことなんだと思う」と話すように、あえて日本語で口にする唯一の単語は、すなわち、指揮官が目指すサッカーには何が不可欠かを示している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

柏レイソル
ネルシーニョ
田中順也
工藤壮人

Jリーグの前後のコラム

ページトップ