SCORE CARDBACK NUMBER

三宅宏実、五輪内定で
焦点となる「階級選び」。
~ウエイトリフティング女子代表~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/12/05 06:00

三宅宏実、五輪内定で焦点となる「階級選び」。~ウエイトリフティング女子代表~<Number Web> photograph by KYODO

協会の規定で代表内定後でも階級変更が可能になり、2階級両にらみで北京の雪辱を期す

 11月5~13日にパリで開催されていたウエイトリフティングの世界選手権を経て、三宅宏実がロンドン五輪の代表の内定を得た。

 日本ウエイトリフティング協会は、今大会でロンドン五輪の日本女子の出場枠を3つ以上確保した場合、昨年と今年の世界選手権の成績から1名を内定とするとしていた。53kg級で出場した三宅は、昨年は5位、今年は6位とただ一人入賞したことから選ばれた。ロンドン五輪は3度目のオリンピックとなる。

 初めて出場した2004年のアテネ五輪48kg級で9位だった三宅は、続く北京五輪の同階級に、メダル獲得を目標に掲げて出場した。だが、自己記録を下回り、6位入賞にとどまった。北京五輪シーズンでの引退も考えていたが、納得のいかない成績に「とにかく悔しかったです」と、現役続行を決意。そして、ロンドン五輪を集大成の場と位置づけ、取り組んできた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 539文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ホークス最強の証明。~日本シリーズ完全詳報~

関連記事

三宅宏実
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ