SCORE CARDBACK NUMBER

W杯で痛感した
育成環境改善の必要性。
~大学ラグビーに期待すること~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byYuka Shiga

posted2011/11/18 06:00

W杯で痛感した育成環境改善の必要性。~大学ラグビーに期待すること~<Number Web> photograph by Yuka Shiga

大学選手権3連覇を狙う帝京大の主軸・南橋直哉は、NZのクルーデンと同じ1989年生まれ

 この若さはいったい何なんだろう? W杯の間、ずっとそれが気になっていた。3位決定戦は、先発に23歳以下の選手が豪州に21歳のWTBジェームズ・オコナーら7人、ウェールズには19歳5カ月でW杯全7試合に出場したWTBジョージ・ノースら5人もいた。この試合は欠場したが、主将のサム・ウォーバートンは開幕時はまだ22歳という若さでウェールズを24年ぶりの4強へ導いた。決勝を戦ったNZとフランスは、先発SOが揃って22歳のアーロン・クルーデンとモルガン・パラ。ともに負傷で途中退場したのは残念だったが、世界の頂点を決める戦いで、2人の司令塔が大学生の年齢という事実には、ちょっとクラクラしてしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界で戦えるサムライの作り方。~日本サッカー育成最前線~

関連記事

ジェームズ・オコナー
ジョージ・ノース
サム・ウォーバートン
アーロン・クルーデン
モルガン・パラ
カートリー・ビール
リッチー・グレイ
有田隆平
豊島翔平
南橋直哉
立川理道
山下昂大
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ