SCORE CARDBACK NUMBER

CLで躍進の伏兵は
島国キプロスの誇りに。
~グループ首位の反響~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2011/11/23 08:01

CLで躍進の伏兵は島国キプロスの誇りに。~グループ首位の反響~<Number Web> photograph by AP/AFLO

熱狂する本拠地ネオGSPスタジアム。残り2節で勝ち点2を獲れば決勝T進出が濃厚に

 地中海の隅に浮かぶキプロス島で、ちょっとしたサッカーブームが起きている。首都ニコシアのクラブ、アポエル・ニコシアがチャンピオンズリーグで予想外の躍進を見せているからだ。

 ポルト、ゼニト、シャフタール、アポエルが集ったグループGは当初、「3強1弱」の構図になると言われていた。しかし第4節を終え首位に立っているのは、この小さな島国のクラブだ。

 チームに輝かしいタレントはいない。試合の主導権は相手に譲り、ボールポゼッションも平均44%と低い。しかし、かつてチェルシーでジョゼ・モウリーニョも評価した守備的MFヌーノ・モライスらを中心に、堅守速攻という大崩れしないサッカーで勝ち点を積み上げてきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アポエル・ニコシア
ヌーノ・モライス
イバン・ヨバノビッチ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ