青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

選手と観客の思いが一体化する、
石川遼が考える理想のコース。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph bySankei/Getty Images

posted2011/11/11 06:02

選手と観客の思いが一体化する、石川遼が考える理想のコース。<Number Web> photograph by Sankei/Getty Images

10月23日のブリヂストンオープン最終日。9番からの3連続バーディでは、すべてのショットをピンそば1mに絡め、ギャラリーの歓声を誘うも、6バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算4アンダー23位タイで大会を終えた

選手がミラクルを起こすにはギャラリーの視線が必要だ!

 先月の女子ツアー、マスターズGCレディースで3年ぶりの復活優勝を飾った大山志保は、その試合で味わった一体感をこう語っていた。

 最終日の18番、決めればプレーオフというバーディーパットはファンの「入れ!」の声にも後押しされながら、はるか15m先のカップに吸い込まれた。大きく左から右に曲がるスライスライン。10回打っても1回入るかどうかというような劇的なパットだった。

「私が絶対に入れたいという気持ちで打ったパットに、途中でファンの方の思いが乗っかってひとつに重なったんです。その時にこれは絶対に入るなと思った。すごくうれしい瞬間でした。ゴルフをやっててよかったし、人生であれ以上の喜びはないって私は言い切れます」

 石川も「それは分かる」と深くうなずくのだ。

 ツアー初出場で初優勝した時から、石川は常に注目の中でプレーしてきた。ギャラリーを巻き込んでミラクルを起こすたびに、大山と同じような感覚をたびたび味わってきたに違いない。だからこそ、他の選手はほとんど無頓着な、ギャラリーの目線が誰よりも気になる。

「たくさんの人に見てもらえるのは、気持ちがいい」

 9番や18番といった上がりホールに石川は強い、というのはよく言われるジンクスだが、その理由もギャラリーが多く集まり、スタンドが配置されてプレーが見やすいことと関係しているかもしれない。

 石川は三井住友VISA太平洋マスターズが行われる太平洋クラブ御殿場コースと、フジサンケイクラシックの行われる富士桜カントリー倶楽部をしばしば「好きなコース」として挙げる。アマチュア時代から親しみがあるということ以外に、ギャラリーが観戦しやすいこともその理由。確かに両コースともグリーンを自然と見下ろせるような斜面が多く、グリーン上のプレーを共有しやすい。

「御殿場の18番もギャラリーがすごく観戦しやすい。ギャラリーが『入れ!』と言えるってことは、カップがしっかり見えてるということ。自分の打ったボールをたくさんの人に見てもらえるのは、それは選手としても気持ちがいいですよ」

 今月10日からはその太平洋クラブ御殿場コースでディフェンディングチャンピオンとしての戦いに臨んでいる。自らのボールにギャラリーの思いが重なる瞬間をどれだけ作り出すことができるか。それが石川の連覇への、そして今季初勝利へのカギになる。

関連記事

BACK 1 2
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ