SCORE CARDBACK NUMBER

ナビスコ杯優勝の“副賞”は、
隠れた世界への挑戦権。
~スルガ銀行チャンピオンシップ~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/10/28 06:00

ナビスコ杯優勝の“副賞”は、隠れた世界への挑戦権。~スルガ銀行チャンピオンシップ~<Number Web> photograph by AFLO

今年の覇者はジュビロ磐田。以前にはブラジルのインテルナシオナルなども来日している

 クラブ・ワールドカップ(以下、CWC)が創設されて以降、日本でのAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)の注目度は、飛躍的に高まった。言うまでもなく、アジアのクラブ王者に世界へと通じる道が開かれたからだ。

 日本からは現在、J1の上位3クラブと天皇杯優勝クラブが、翌年のACLに出場できる。J1、あるいは天皇杯からACL、そしてCWCへと続く道筋は、もはや広く知られるところである。

 だが、世界へと道がつながっているのは、J1と天皇杯に限らない。4年前からはナビスコカップの優勝クラブにも、翌年のスルガ銀行チャンピオンシップへの出場権が与えられるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦秘話。~秋のプロ野球名勝負~

関連記事

ジュビロ磐田

Jリーグの前後の記事

ページトップ