SCORE CARDBACK NUMBER

東農大がプロ王者を
次々と輩出する理由。
~ボクシング界の知られざる“現象”~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2011/10/11 06:00

東農大がプロ王者を次々と輩出する理由。~ボクシング界の知られざる“現象”~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

清水智信はウーゴ・カサレスに1-2の判定勝ちし、WBA世界スーパーフライ級王者に

 今回のこのコラムのテーマは、ボクシング界における、知る人ぞ知る“東農大現象”について――。

 去る8月31日、3度目の世界挑戦を実らせWBA世界スーパーフライ級王座を奪取した清水智信は、アマチュア時代、東京農業大学ボクシング部のキャプテンを務めた。清水よりひと足先にWBC世界ミニマム級王座に就いた井岡一翔は同部を2年で中退してプロ転向し、7戦目でスピード出世を果たした。他に五十嵐俊幸(フライ級)、岡田誠一(スーパーフェザー級)の現役日本王者も同校OBだ。五十嵐は11月に世界挑戦者決定戦を控え、同校3人目の世界王者の期待も高まる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 666文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~

関連記事

清水智信
五十嵐俊幸
東京農業大学

ボクシングの前後の記事

ページトップ