SCORE CARDBACK NUMBER

世界選手権、苦戦でも金。
吉田沙保里が地力を証明。
~日本女子レスリングの現在地~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byMiki Sano

posted2011/10/08 08:00

世界選手権、苦戦でも金。吉田沙保里が地力を証明。~日本女子レスリングの現在地~<Number Web> photograph by Miki Sano

残り時間3秒でポイントを奪った吉田。辛勝に涙ぐむも、史上最多記録タイの9連覇達成

 試合が終わると、吉田沙保里はしゃがみこんだ。オリンピック、世界選手権でこれほど苦しんだことはなかった。涙がそれを物語っていた。

 吉田は9月中旬の世界選手権(トルコ)、55kg級で優勝し、同大会9連覇を達成したが、決勝は辛勝だった。対戦したのは北京五輪準決勝でも戦ったバービック(カナダ)。第1ピリオドを取って迎えた第2ピリオドでリードした吉田だったが、終盤、タックルに入ったところを返されこのピリオドを失う。第3ピリオドも吉田が2-0とリードするが、タックルをやはり返されて、2-2。詳細は省くがルール上、同ポイントのまま終了しても吉田の勝利になっていた。しかし、ルールを勘違いしていた吉田は果敢に攻める。そして終了間際に1ポイントを奪い、ポイント上でも明確な形で、優勝となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~

関連記事

吉田沙保里
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ