SCORE CARDBACK NUMBER

2人のベテランが大記録。
共通点は「一芸」にあり。
~リベラとウェイクフィールド~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/10/03 06:00

2人のベテランが大記録。共通点は「一芸」にあり。~リベラとウェイクフィールド~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ファンの祝福に涙を流したウェイキー。45歳42日での200勝達成は史上2番目の年長記録だ

 偶然とは思えないほど、象徴的な同日達成だった。9月13日。西海岸シアトルでヤンキースのマリアノ・リベラが、史上2人目となる通算600セーブを挙げた。その数時間前、東海岸ボストンではレッドソックスのティム・ウェイクフィールドが、通算200勝目に到達した。41歳のリベラと、45歳のウェイクフィールド。出身国や生い立ち、投手としての役割は異なるものの、ともに絶対的な「伝家の宝刀」を武器に、長年にわたって第一線で投げ続けてきた。

 今でこそ球界最高の名クローザーとなったリベラも、1995年のデビュー当時は先発だった。だが、結果を残せず、救援へ転向した。転機が訪れたのは'97年6月。ブルペンで投球練習をしていた際、何気なく投げた速球がスライダー回転で急激に変化した。後にリベラ自身が「神から与えられたもの。自然に起こった」と振り返るように、高速カットボールは偶然に誕生した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~

関連記事

マリアノ・リベラ
ニューヨーク・ヤンキース
ボストン・レッドソックス
ティム・ウェイクフィールド

MLBの前後の記事

ページトップ