SCORE CARDBACK NUMBER

中邑真輔悲願の夏制覇で
匂い高まる“危険な関係”。
~9・19、棚橋弘至と再激突へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/12 06:00

中邑真輔悲願の夏制覇で匂い高まる“危険な関係”。~9・19、棚橋弘至と再激突へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

棚橋に勝って優勝決定戦に進んできた内藤を破り、9年分の思いを込めた雄叫びをあげる

 ファンは、本格派のプロレスに飢えていた。特別な年の、特別な優勝だった。

 8月14日、両国国技館で行なわれた新日本の“真夏の祭典”G1クライマックス最終戦。新世代の旗手、中邑真輔が2歳下の後輩、内藤哲也を20分19秒、必殺技ボマイェで沈め、悲願の初優勝を飾った。8度目の出場でようやく夏を制した中邑は、「この9年、近道も寄り道もすべてしたつもり!」と、歓喜のビクトリーフラッグを振りかざした。

 福岡国際センターで幕を開けた今年のG1は、史上最多の20選手が出場し、全10試合で争われた。最後は例年の両国2連戦ではなく、ファイナル興行のみ両国開催。節電の中、会場は超満員の札止めに(主催者発表の観客は1万1500人)。照明を落としたほの暗さが観る者をより興奮させ、優勝決定戦は異常なほどの盛り上がりを見せた。近来なかったG1風景だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 510文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブンデスリーガの日本人。

Sports Graphic Number 786

ブンデスリーガの日本人。

 

関連記事

中邑真輔
棚橋弘至

プロレスの前後の記事

ページトップ