SCORE CARDBACK NUMBER

夢のオールスター直前に
潮崎豪が迎える正念場。
~8・6GHCヘビー級選手権~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/05 06:00

夢のオールスター直前に潮崎豪が迎える正念場。~8・6GHCヘビー級選手権~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

GHCヘビー級王座に返り咲いた潮崎豪はビールで乾杯。右は谷口周平

 プロレスリング・ノアが6日、ホームリングのディファ有明で「旗揚げ記念日」と銘打ち、GHCヘビー級選手権試合を行なう。王者・潮崎豪と挑戦者・秋山準の対戦だが、ファンの目はこの試合の結果一点に注がれている。

 というのも、この一戦が、27日に日本武道館で開催される新日本、全日本、ノアによる合同興行「ALL TOGETHER」を前にした、3団体最後のタイトルマッチだからだ。32年ぶりに開かれるプロレス・オールスター戦のメインカードに直接関わる試合なのだ。

 オールスター戦開催の記者会見があったのは4月18日のこと。その時点でのエースは、新日本がIWGPの棚橋弘至、全日本が3冠の諏訪魔、ノアがGHCの杉浦貴だった。この中で唯一、ノアのマットでエース交代劇があった。7月10日の有明コロシアムで、故・三沢光晴さん直系の潮崎が杉浦を29分48秒、変型リバースDDTで沈め、1年7カ月ぶりにベルトを奪回、新王者になったのである。小橋の王座防衛記録13回を更新し、“時の人”になっていた杉浦は15回目の防衛に失敗、痛恨の王座転落であった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 439文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>女子ワールドカップ優勝記念なでしこ激闘録。

関連記事

潮崎豪
杉浦貴
秋山準

プロレスの前後の記事

ページトップ