SCORE CARDBACK NUMBER

5年ぶりの表彰台独占。
強いホンダが戻ってきた。
~モトGP後半戦展望~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2011/09/02 06:00

5年ぶりの表彰台独占。強いホンダが戻ってきた。~モトGP後半戦展望~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

久々の快挙に笑顔が弾けた表彰台。ワークス所属ではないシモンチェリ(右)の3位が光る

 今シーズン快進撃を続けて来たホンダ勢が、後半戦のスタートになった第11戦チェコGPで表彰台独占を果たした。現在総合首位のC・ストーナーが今季6勝目。総合3位のA・ドビツィオーゾが2位で今季5回目の表彰台。成長著しいM・シモンチェリが3位で初めて表彰台に立った。予選では怪我から復調したD・ペドロサが圧倒的な速さで今季初PPを獲得。首位に浮上した3周目に痛恨の転倒を喫したが、それがなければ上位4位までがホンダ勢だったはずだ(翌週の第12戦インディアナポリスGPでは、ストーナーが今季7勝目、ペドロサが2位に入り、再び上位をホンダ勢が占めた)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ホンダ
ケーシー・ストーナー
アンドレア・ドビツィオーゾ
マルコ・シモンチェリ
ダニ・ペドロサ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ