SCORE CARDBACK NUMBER

松井秀喜の500号で考えた、
日米通算記録の価値。
~イチローの場合と比較して~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/08/08 06:00

松井秀喜の500号で考えた、日米通算記録の価値。~イチローの場合と比較して~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

プロ19年目で到達した500号は、王手をかけてから25試合目、103打席ぶりの一発だった

 7月20日、アスレチックスの松井秀喜が、日米通算500号本塁打に到達した。1993年の第1号以来、プロ19年目の偉業だった。ただこの記録、日本のファンにとっては思いの込められた数字だが、メジャーでは168本目の本塁打。アスレチックスのメルビン監督代行は「称賛に値する。日米分けて考えることなく素晴らしい」とコメントしたが、現実的には「日米通算」の記録に関して温度差があることも否定できない。

 実際、達成直後の松井は、「光栄なことだが、正直、感想はない」と、あっさりした言葉を残した。あと1本と迫って以来1カ月余りを要した照れだけでなく、この記録について複雑な思いがあったからに違いない。翌日の米国メディアは、松井の500号到達をニュースとして報じたが、通算記録がメジャーでの「500本塁打クラブ」に相当するかと言えば、その多くが懐疑的だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>女子ワールドカップ優勝記念なでしこ激闘録。

関連記事

松井秀喜
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ