濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

『Krushライト級GP』という、
危険で濃密なジェットコースター体験。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakao Masaki

posted2009/11/19 10:30

『Krushライト級GP』という、危険で濃密なジェットコースター体験。<Number Web> photograph by Takao Masaki

準決勝2R、竹内がラッシュしたきたところに、石川の飛びヒザが絶妙のタイミングで決まりKO勝利。しかし石川は、直前に受けた右フックで左まぶたの筋膜にまで達する裂傷を負い、無念のドクターストップとなった

リザーブマッチから決勝進出の久保優太が攻勢に出る!!

 ところが、いざ決勝戦が始まると、我々はまだジェットコースターに乗せられていたことに気づく。試合を支配したのは、リザーブマッチから繰り上がりで決勝進出を果たした久保優太だったのだ。過去にトーナメント2度優勝の実績を持ち、このGPでもまったく危なげなく決勝進出を果たした大本命・山本真弘がジャブとミドルキックを浴び、ラウンドが進むごとに表情から精気を奪われていく。

 他を圧するスピードとテクニックで勝利を重ねてきた山本だが、日本のキック界でほとんど唯一、彼にスピードで対抗できるのが久保だった。しかも身長(リーチ)では久保が有利。サウスポー同士ゆえ山本のメリットはさらに消される。

 驚くべきことに、ここでジェットコースターがさらに加速した。最終3ラウンド、山本が“クールな技巧派”という個性をかなぐり捨て、強引な打ち合いを挑んだのだ。ガードの上から不格好な、しかし渾身のパンチ。ねじ伏せるように逆転のダウンを奪った瞬間、山本はキャリア44戦でおそらく初めてのガッツポーズを見せ、客席に向かって咆哮した。判定は1ポイント差で山本。……そして、ここでようやくジェットコースターが止まった。

真の勝者は決まらず。それでも……。

 客観的に見れば、大本命の優勝という結果にさほど面白みはない。“60kg級最強決定”というテーマに結論は出ていない。しかし「味気ない」、「消化不良」という印象はまったく残らなかった。むしろこの日の観客は、とてつもない疲労とともに深い充足感を味わったのではないか。決勝戦の最終ラウンドという土壇場で新たな貌を見せた山本。将来に大きな可能性を感じさせた久保。竹内はKO負けを喫してもなお爪痕を残し、石川という選手が持つ“劇的体質”は本人にさえコントロール不能で、それゆえに観客の目を一瞬たりともリングから離さなかった。

 このGPの勝者は、スリルに満ちたジェットコースターと化したGPそれ自体だった。誰が勝ったか、どの選手が強かったかは、極論すれば問題ではない。まだ世間的には無名なキックボクサーたちが作り上げた『Krushライト級GP』そのものが、格闘技イベントとして“最強”だったのである。

関連記事

BACK 1 2
山本真弘
石川直生

格闘技の前後の記事

ページトップ