SCORE CARDBACK NUMBER

ロンドン五輪で金17個?
思わぬ評価に当惑の日本。
~異例のメダル予想の波紋~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/06/21 06:00

ロンドン五輪で金17個?思わぬ評価に当惑の日本。~異例のメダル予想の波紋~<Number Web> photograph by AFLO

ロンドン五輪日本代表内定第1号、射撃の松田知幸(神奈川県警)は金に近い選手の一人

 そのニュースは、思わぬ波紋を投げかけた。

 5月23日、英国オリンピック委員会が、来年のロンドン五輪での国別メダル獲得数の予想を公表。その中で、日本が獲得するのは、「金メダルが17、銀メダルは9、銅メダルは21で合計47個」とされていたのだ。この数字に、日本オリンピック委員会(JOC)の関係者は、驚きを隠さない。

「どういう根拠から出したのか。どういう意図があって予想を行なったのでしょうか」

 たしかに、開催国のオリンピック委員会がメダル予想を発表するのは異例のことだが、それ以上に戸惑いを生んだのは、国内での見方とのギャップにある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~

関連記事

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ