SCORE CARDBACK NUMBER

越境エースFWが戸惑う
女子代表の“組織力”。
~サッカー女子W杯開幕を前に~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/06/18 08:00

越境エースFWが戸惑う女子代表の“組織力”。~サッカー女子W杯開幕を前に~<Number Web> photograph by AFLO

欧州女子CLの8試合で9ゴールの大活躍。リーグでも得点を量産し、三連覇に貢献した

 UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝で、日本女子代表FWの永里優季が所属するポツダムが、リヨンに敗れた。2連覇を逃すという結果もそうだが、何より残念だったのは、シーズン締めくくりの大舞台に永里自身が立てなかったことである。

 左ヒザの負傷があったとはいえ、ピッチに立てるまでには回復しているはずだった。にもかかわらず、欠場に至った不運な理由を、試合後、永里が明かした。

「痛み止めの注射を打ったら、予想以上に効いてしまい、(左足の)ヒザから下の感覚がなくなってしまったんです」

 しかし、こちらが拍子抜けするほど、永里に落ち込む様子は見られなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~

関連記事

永里優季
FFCトゥルビネ・ポツダム

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ