SCORE CARDBACK NUMBER

追撃態勢が整った
高橋裕紀の今後に期待。
~モト2クラス序盤戦分析~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2011/06/11 08:00

追撃態勢が整った高橋裕紀の今後に期待。~モト2クラス序盤戦分析~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

開幕からの不振、弟・江紀の不慮の死もあり、厳しめの表情が多かった裕紀に笑顔が戻った

 開幕戦カタールGPで5位、第2戦スペインGPで転倒リタイヤと序盤の2戦につまずいたモト2クラスの高橋裕紀が、第3戦ポルトガルGPで3位、第4戦フランスGPで2位となり、2戦連続で表彰台に立った。

 今年は昨シーズンのチャンピオンチーム、グレッシーニに移籍し、当然のようにチャンピオン候補の一角に挙げられた。それなのに序盤戦で苦戦した理由は、開幕直前にサスペンションのメーカーを換えたことにある。これまで使ってきた実績あるサスペンションは、どのサーキットでもデータがあり間違いがないのだが、サポートが薄く、ライバルも使っているためアドバンテージを築けない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高橋裕紀
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ