野ボール横丁BACK NUMBER

勝者も敗者もハッピーだった!?
中京大中京の優勝にみる“神の手”。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/08/25 11:30

勝者も敗者もハッピーだった!? 中京大中京の優勝にみる“神の手”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

日本文理のエース・伊藤は笑顔で「幸せだった」を連発。

 神の手の存在を本当の意味で実感したのは、試合後だった。

 県勢として史上初めて決勝戦まで駒を進めた日本文理は、エースの伊藤直輝が「幸せだった」という言葉を何度も繰り返すなど、胸を張り、実に晴れ晴れとした表情で甲子園を去った。

 9回表、河合がファウルフライを捕球し、6-10のまま終わっていたら、こうはいかなかったはずだ。7-10や、8-10というのも微妙なところだ。9-10と、限りなく勝利に近い敗戦だったからこそ、すっきりとした納得の仕方があるのだ。

 また、もし中京大中京が逆転負けを許していたとしたら、日本文理は至福の境地だったろうが、逆に堂林や河合が受けるショックは計り知れない。ましてや、春夏合わせ全国最多10回の日本一を誇る名門中の名門、中京大中京だ。準優勝で喜べるはずもない。

奇妙にも、勝者も敗者もハッピーだったという結末に。

 近年の決勝戦で、ある意味、これほどまで勝者も敗者もハッピーだったという結末は見たことがない。

 勝者と敗者の光と影。それがスポーツの魅力でもあるのだが、何年かに一度はこんな光景を見るのもいいものだ。

 試合後、激闘を物語る甲子園の凸型の大きなスコアボードを見ながら、ふいにそれが埋められた巨大な十字架のように見えた。

関連コラム

BACK 1 2
日本文理高校
中京大中京高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ