SCORE CARDBACK NUMBER

アヤックスが見せつけた
清水の目指す「完成形」。
~ゴトビ監督流のサイド攻撃とは?~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/05/16 06:00

アヤックスが見せつけた清水の目指す「完成形」。~ゴトビ監督流のサイド攻撃とは?~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

アヤックスとの試合でも、ドリブルでの仕掛けや裏への飛び出しで持ち味は出した伊藤翔

 今季J1開幕を前に、注目していたクラブがいくつかある。順位というより、内容的にポジティブな変化を見せる可能性がある、という意味での注目クラブだ。4月23日にリーグ戦が再開してからは、そうしたクラブを中心に見ているが、これがなかなかおもしろい。

 そのひとつが、ゴトビ新監督を迎えた清水。今季の清水は、日本ではあまりお目にかかれないほど、ピッチを67mの横幅いっぱいに使う姿勢が際立っている。

 最近では、Jリーグでも4-3-3や、4-2-3-1を採用するクラブが増えた。だが、“本場”スペインやオランダなどに比べると、両サイドに開いたFW(あるいはMF)が、ウイング然としていない。彼らはひとまずサイドに位置するものの、中央の組み立てに加わることも多く、ときにサイドで待つにしても、本場で見る“定位置”よりも、2、3mは中央に寄る。そのため、多くの試合で、ライン際には未使用のピッチが生じる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アフシン・ゴトビ
清水エスパルス
アヤックス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ