SCORE CARDBACK NUMBER

さらば、小林繁。波乱の57年の生涯。
~コーチとして開眼していた晩年~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/02/04 06:00

さらば、小林繁。波乱の57年の生涯。~コーチとして開眼していた晩年~<Number Web> photograph by KYODO

通算139勝95敗、防御率3.18。1976年から現役最終年の'83年まで8年連続2桁勝利を記録

 小林繁が波乱に満ちた57年の生涯を閉じた。どんな状況でも決して愚痴をこぼさない、そういう男だった。

 小林を思い出す上で忘れられないのは、やはり1978年「空白の一日」である。

 騒動の末、江川卓とのトレードで巨人から阪神に移籍したが、心の底では反発もあったに違いない。翌年、対巨人戦で8連勝を記録。2度目の沢村賞に輝いた。

 今にして思えば、'70年代は全てが巨人中心に動いていた。ふたりは何でも我々の思い通りになる、そう思っていた巨人の犠牲者だったのかもしれない。

 移籍後も不満を洩らすことなく、毎年2桁勝利を挙げていた。しかし'82年オフに「15勝できなければ辞める」と突如引退宣言。13勝に終わった翌年、本当に現役を引退した。チームメイトだった川藤幸三が、何で辞めるのかと聞いたところ「右腕に血が通わんのや」と打ち明けたという。「細腕繁盛記」と言われ、無理をして意地で投げ続けた結果だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バンクーバー五輪特集あなたの知らないフィギュアの世界。

関連記事

プロ野球の前後の記事

ページトップ