SCORE CARDBACK NUMBER

年間3度のKO防衛で
長谷川穂積がMVP獲得。
~「技能賞」は西岡利晃に~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2010/01/26 06:00

年間3度のKO防衛で長谷川穂積がMVP獲得。~「技能賞」は西岡利晃に~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

昨年3月、7月、12月とすべてKO勝ちで決めた長谷川。防衛回数を10度の大台に乗せた

 プロボクシング'09年の「年間最優秀選手賞」に、長谷川穂積が選ばれた。2年連続、通算4度目の受賞である。“準”優秀選手賞とも言うべき「技能賞」は西岡利晃。今回の賞取りレースは事実上2人の争いだった。

 この年間表彰は、例年、東西メディアのボクシング担当記者の投票によって決められる。昭和24年の白井義男が最優秀を獲得して以来続き、今回が61回目という由緒ある賞である。

 今回は、他の賞も含め全体的に落ち着くべきところに落ち着いた、バランスのいい選考結果だったろう。視聴率43%を弾き出した例の亀田興毅対内藤大助戦は「年間最高試合賞」、勝った亀田は「最優秀選手賞」ほか各部門にノミネートされたものの、結果は亀田が「殊勲賞」、内藤が「努力賞」に落ち着いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大学ラグビー新時代。伝統校と新興校の未来

関連記事

西岡利晃
長谷川穂積

ボクシングの前後の記事

ページトップ