SCORE CARDBACK NUMBER

ストライキの決断は「10年後の野球のため」 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2004/10/07 00:00

 近鉄が優勝した'01年、礒部公一はT・ローズ、中村紀洋とクリーンアップを組み、驚異の5番打者として3割2分、95打点の成績で“いてまえ打線”を支えていた。その後、故障で低迷したが、今季見事に復活した。選手会長としても、近鉄・オリックスの合併が発表された6月13日以降は、野球以外の慣れない仕事との両立が続いている。三枝夫人によれば「家でも難しい書類や本をよく読んでいる」状態だが、本人は「去年までとは気持ちの持ち方が違う」と言う。打率は球界再編の動きが出始めた頃2割9分台だったのをストライキの前後には3割台に乗せた。優勝した年も、得点圏打率が4割1分7厘とチャンスに強かったが、今ではランナーのいない逆境の局面でも粘り強い打撃をするようになった。好調の理由は「僕だけじゃなく、古田さんや井端も選手会の仕事をやっているから成績が落ちたとだけは言わせないように頑張っている」というもの。「当事者球団として、近鉄以外の球団に迷惑をかけているのは確か。他の球団の選手会の連中には頭が下がる」とも言っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 495文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2004 Japan GP Preview Formula1

Sports Graphic Number 612

2004 Japan GP Preview Formula1

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ