SCORE CARDBACK NUMBER

ヘビー級チャンピオンの息子が狙う新たな標的。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/09/22 00:00

 最近は「親子ボクサー」ばやりだが、親子で世界チャンピオンとなると、これは長いリングの歴史でもまだ2例しかない。その2例目がスピンクス親子で、父はプロ8戦目でモハメド・アリを攻略して世界ヘビー級王座についたレオン・スピンクス。息子のコーリーは現在ウェルター級で3本のベルトを保持する自称「次世代」のボクサーだ。9月4日の防衛戦でメキシコの老雄ミゲランヘル・ゴンサレス(旧名・東京三太)を大差判定で撃退したばかりである。

 昨年暮れにリカルド・マヨルガとのチャンピオン統一戦を見たことがある。コーリーには父レオンとは好対照のスマートなサウスポーという印象を強く受けた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ガンバレ、ガンバレ、野球!

Sports Graphic Number 611

ガンバレ、ガンバレ、野球!

 

ボクシングの前後の記事

ページトップ