SCORE CARDBACK NUMBER

F1、脱欧入亜――。舞台は上海から鈴鹿へ。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byFujio Hara

posted2004/09/22 00:00

F1、脱欧入亜――。舞台は上海から鈴鹿へ。<Number Web> photograph by Fujio Hara

 東へ、上海へ、そして鈴鹿へ――。クラシックコース、モンツァでイタリアGPを終えた“F1サーカス”は、いよいよ初めて中国をめざす。モータースポーツ界だけでなく、国際社会からも注目されているF1チャイナグランプリである。最近では1986年に旧東欧圏のハンガリーで初めてF1が行われ、以来18年続き、今年はアメリカGPでハンガリー人ドライバーの初入賞が達成されている。

 チャンピオンシップはすでにM・シューマッハー、フェラーリが制覇。中国、日本、ブラジルGPと残るは3戦のみ。だがとても興味深い'04年終盤戦となった。中国には、まったく新たに上海F1サーキットが建設された。工事の遅れなどが言われていたが、最新設備を採り入れたコースは1周5・451km。すでに何人かのドライバー、チームが訪れており、中でもフェラーリはデモ走行を行っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ガンバレ、ガンバレ、野球!

Sports Graphic Number 611

ガンバレ、ガンバレ、野球!

 

F1の前後の記事

ページトップ