SCORE CARDBACK NUMBER

殿堂入りで“再起動”。
猪木とWWEの深い縁。
~デビュー50周年の“燃える闘魂”~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2010/02/19 06:00

殿堂入りで“再起動”。猪木とWWEの深い縁。~デビュー50周年の“燃える闘魂”~<Number Web> photograph by Shiro Miyake

認定書授与式で満面の笑みを浮かべ、お約束のポーズ。「レッスルマニア」にも登場予定だ

 タイムリーな「ホール・オブ・フェイム」(殿堂)入りだった。2月20日に67歳の誕生日を迎えるアントニオ猪木が日本人として初めてWWEの殿堂に入ったのだ。

 アメリカでの表彰式は現地時間3月27日、アリゾナ州フェニックスのドッジ・シアターで行なわれる。プレゼンターは猪木のかつてのライバル、スタン・ハンセンが予定されているが、これに先立って、9日、都内ホテルで殿堂入り認定書授与式が行なわれた。“燃える闘魂”が主宰するIGFは2月22日、東京・JCBホールで“アントニオ猪木デビュー50周年記念”と銘打った「GENOME11」を開催する。殿堂入り発表と認定書授与式は、この50周年記念興行第1弾にとって、これ以上ないデモンストレーションとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州チャンピオンズリーグバルサを撃て!

関連記事

アントニオ猪木

プロレスの前後の記事

ページトップ